コロナ太りを解消する運動方法【ジムトレーナーが解説】

コロナ太りを解消する運動方法とは?

外出自粛でジムにいけなかったため太ってしまった…

Stay Homeでコロナ太りを解消したい!!

今回の外出自粛期間中に運動ができなくなったことで、自宅でできる自重トレーニングでコロナ太りを解消したい人は多いはず。

そこで今回、自宅でもできるトレーニング方法について、実際にジムトレーナーとしての経験も積んでいる私が、自宅でできるトレーニング方法についてお伝えしていきます!

自宅でコロナ太りを解消できる自重トレーニングなので、記事を見終わった後は、すぐに実践してみてください!

コロナ太りの人が増えている


新型コロナウイルスの影響で、外出自粛・休業となりました。

外出の機会もめっきりと減りましたね。

今回の外出自粛で運動不足→コロナ太りになっている人は多いです。

なぜコロナ自粛で太るのか


自粛によって太ってしまう理由について、詳しく書いていきます。

太りやすい人の特徴

コロナ太りになりやすい人は、日ごろから体重計を見ない人と言われています。

これは、身体管理ができていないから、という理由が挙げられますね。

日ごろから体のケアを続けていれば、運動をしていないと体型が崩れる、といった認識を持ちやすいです。

体のケアを怠っている人ほど、今回のコロナ太りになっている人は多いです。

肥満体系の人は増えてきている

今回の外出自粛で、お腹回りに脂肪がついた人は多いです。

『政府から外出自粛要請

家に引きこもる

脂肪燃焼量が減る

食事の量は変わらない

脂肪がついて体重が増える

コロナ太りになる要因はこんな感じ。

引きこもることで運動量も減りますし、外出自粛のストレスの影響で生活習慣さえ変わった人も多い傾向です。

コロナ・ショックによる影響は経済だけでなく、人の体型・健康にも影響を及ぼしています。

コロナ自粛期間中にできること【運動する習慣をつけよう】


運動不足の人にとっては、運動する習慣を作れるチャンスです。

コロナ自粛期間の新しい習慣作り

コロナ感染に関わらず、免疫力が低下すると病気になりやすいです。

普段の食生活や睡眠も重要ですが、運動不足も免疫力低下に繋がります。

外出自粛で外での運動は難しいですが、自宅でもトレーニングはできるので、免疫力を上げることは可能です。

運動する習慣を外出自粛期間で作れます

今まで運動をしていなかった人は、新しい習慣を作れます。

外出もできない・外出しても店は閉まっている、といった状況なので、新しい習慣を作れる時間ができますね。

運動をしていなかった人であれば、軽いトレーニングから徐々に始めることで習慣化されていきます。

外出自粛期間は1か月で、身体が劇的に変化はしません。

しかし、コロナ太りも避けることができますし、運動を習慣にすることができますね。

この貴重な時間を上手く使って、エクササイズライフを作っていきましょう。

自宅でもできる運動方法【今すぐできる】


自宅でもできる運動方法について解説していきます。

今すぐ実践できる内容なので、是非トライしてみてください。

トレーニング法①【ペットボトルを使った腕のトレーニング】

ビークイックのトレーナーが在宅できるトレーニングを説明しています。

家にダンベルがなくても、ペットボトルがあれば簡単にできる腕のトレーニングです。

二の腕のたるみを防止することができる効果もあるのでおすすめです。

トレーニング法②【自宅でできる腹筋トレーニング】


この動画もビークイックのトレーナーが解説してくれている動画ですね。

腹筋台を使わなくてもできる腹筋トレーニング。

様々な腹筋トレーニングを紹介してくれています。

マシンがなくても十分な負荷がかかるので、無理しない程度のセット数から始める事をおすすめします。

トレーニング法③【上半身全体のトレーニング】

上半身の筋肉を鍛えられる内容になっています。

それぞれの部位ごとに集中的に鍛えたいという方は、部位ごとにまとめた動画もあるので、実践してみてください!

まとめ


Stay Homeでコロナに勝とう

自宅トレーニングでコロナに打ち勝ちましょう。

運動不足になってくると、徐々に身体の免疫力が低下していきます。

コロナウイルス感染を防ぐためにも、ステイホームでコロナを撲滅していきましょう。

レッツ・おうちで自重トレーニング

ジムにいかなくても工夫次第で運動不足を解消することは可能です。

最先端の機器がなくても、自宅でできるトレーニングを継続すれば、コロナ太りは解消されます。

運動不足によって不健康状態にならないためにも、自宅で運動をしてみてはいかがでしょうか。