面倒だけど落とすべき?メイクしたままトレーニングが肌に与える影響とは

ジムに行くときメイクどうしてる?

ジムでトレーニングする際、メイクをするかどうか悩むトレーニング女子も多いのではないでしょうか。

イメージ

筋トレ女子A

人の目が気になるからバッチリメイクする~

イメージ

筋トレ女子B

メイク崩れが気になるからすっぴんで行く!

などさまざまな意見があると思いますが、トレーニング女子の最善策はいったいどちらなのでしょうか?

メイクしたまま運動すると肌に悪い?

結論から言うと、お肌のためにはすっぴんでトレーニングするのが最良
仕事帰りにジム通いしている方にとっては難しいことですが、なるべくトレーニング前にはメイクを落とすことをおすすめします。

メイクしたまま運動することのデメリット

毛穴にメイクの成分が詰まってしまう

化粧品
トレーニングや激しい運動をすると体温が上がって毛穴が開きます。そこに汗で崩れたメイクの成分が詰まってしまうと毛穴の黒ずみなどの肌トラブルの原因になります。

細菌が肌につきやすくなる

ジムで使うマシンなどの備品は不特定多数の人が共有するもの。もちろんジム側で清掃は行われているはずですが、それでも少なからず細菌やウイルスが存在しています。
メイクしている肌は素肌よりもそういった細菌が付着しやすい状態で、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルにつながりやすいです。

特に汗をかいていると、マシンを触った手で顔を触る回数も増えるため注意が必要です。

トレーニングに集中できない

トレーニング汗をかくとメイクはだんだん崩れてきます。特に目の周りは、アイラインやマスカラが溶けてパンダ目になってしまうことも。

また顔の汗がなかなか拭けなかったり、「崩れてないかな?」と心配になるあまりトレーニングに集中できなかったりしては本末転倒ですよね。

結論:ジムにはすっぴんで行くのが望ましい

お肌のためにもトレーニングに集中するためにも、ジムにはすっぴんで行くのがおすすめです。

イメージ

筋トレ女子

すっぴんで出かけるのはさすがに無理!

……という方はジムに着いたらメイクを落とす、またはメイクする場所を絞ってナチュラルメイク程度にとどめておきましょう。ファンデーションは汗と混ざっても毛穴に詰まりにくいミネラルファンデーションがおすすめ。

どうしてもメイクを落とせないときは?

メイクしたままでトレーニングしたら、その後のクレンジングとスキンケアをしっかりと。
肌をこすりすぎないように気を付けつつ丁寧にメイクを落とし、十分に保湿してあげましょう。

女性にもおすすめのスポーツジムはこちら!

BeeQuick(ビークイック)

BeeQuick(ビークイック)
『BeeQuick(ビークイック)』について 『BeeQuick(ビークイック)』の特徴 月会費2,990円で通い放題!マシンの数・種類も豊富 アメリカンスタイルのフィ…

セントラル

セントラル
『セントラル』について 『セントラル』の特徴 さまざまな営業形態で多くのユーザー層をカバー 大手のセントラルグループはさまざまな営業形態で全国展開…

ジムスタイル

ジムスタイル
『ジムスタイル』について 『ジムスタイル』の特徴 ほとんどが駅から徒歩10分以内の好立地! 車のタイヤでお馴染みの「ダンロップ」が運営する『ジムスタ…