悩む生理前後のトレーニング!女性ホルモンと筋肉の深い関係

生理前・生理中・生理直後の筋トレ・みんなどうしてる?

生理後は痩せやすい、いわゆる”痩せ期”に当たります。
生理前・生理中の溜め込みやすい時期はフィットネスを休んで生理後に一気に追い込む……という方も少なくないはず。

しかし、ダイエットや過ごし方はともかく、筋トレにおいてはさほど生理を意識する必要はありません。

むしろいつも通り筋トレを行った方が良いと言われています。

生理周期に関係なく筋トレしてもOK!

生理前、生理中だからと言って筋トレが無駄になることはありません。いつも通り筋トレを行っても大丈夫です。
ただし、どうしても集中力が落ちる場合や寝つきが悪くて日中眠いという方は無理はせずに軽めのトレーニングに留めておきましょう。

筋トレの習慣化を大事に

生理前・生理中に一切トレーニングをしないと、習慣が途切れてしまう可能性もあります。体調に合わせて続けてみてください。

生理前に気分が落ち込んでしまう方は無理をせず

生理中より生理前の期分の落ち込みの方が深刻!という方も多いはず。女子にとって最もストレスを感じやすい時期です。ストレスを感じているとき、実は幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが減少しています。

セロトニンが減ると太る!?

ちなみにこのセロトニン、減少すると気分の落ち込みだけではなくかなり厄介な症状が出ます。

それが食欲増進。

食事の写真

生理前についつい食べ過ぎてしまう女子。
自分の意志が弱いと嘆いてネガティブになっている方は今すぐ生理のせいだ!と開き直りましょう。

筋トレに集中することでセロトニンを増やせる!

開き直ったら少し気分を挙げて、筋トレに集中するのもおすすめです。
集中モードはセロトニンが増える傾向にあります。グッと集中しているときはさほどお腹も空きません。
もちろん、筋トレにはセロトニン増幅効果があるとも言われてますので実は生理前の筋トレは結構有効であり、メリットが多いです。

筋トレ女子には朗報!生理中は実は筋肉がつきやすい!?

むずかしい話はまた別の機会にお話しますが、生理中は女性ホルモンが減少する時期です。
女性ホルモンが少ないとどんな変化があると思いますか?

筋肉がつきやすくなります。

女性と男性では筋肉量の多さが違いますよね。
わかりやすいところで言うと、男性は女性に比べて冷え性が少ないですよ。これは元の筋肉量に関係しています。
筋トレ女子
女性ホルモンは筋肉の生成を邪魔して、脂肪を溜めこむ役割があります。もちろんそれは、妊娠を助けるためのメカニズムで決して無駄な機能ではありません。
生理中はこの女性ホルモンが減少するため、筋肉がつきやすいと考えられています。なので食事制限はほどほどにし、このときは筋トレを頑張っても良いかもしれません。

ただし、あくまで無理のないように。
貧血や怪我に気を付けて気持ち良い程度にしておきましょうね。

女性にもおすすめのスポーツジムはこちら!

BeeQuick(ビークイック)

BeeQuick(ビークイック)
『BeeQuick(ビークイック)』について 『BeeQuick(ビークイック)』の特徴 月会費2,990円で通い放題!マシンの数・種類も豊富 アメリカンスタイルのフィ…

セントラル

セントラル
『セントラル』について 『セントラル』の特徴 さまざまな営業形態で多くのユーザー層をカバー 大手のセントラルグループはさまざまな営業形態で全国展開…

ジムスタイル

ジムスタイル
『ジムスタイル』について 『ジムスタイル』の特徴 ほとんどが駅から徒歩10分以内の好立地! 車のタイヤでお馴染みの「ダンロップ」が運営する『ジムスタ…