コスパが高いおすすめスポーツジムランキング!2020年超最新版!

スポーツジム 比較表

スポーツジム名 平均月額 入会金・手数料 ビジター 共通利用 マシンの数
BeeQuick

ビークイック

引用元:
https://www.beequick.jp/

二重丸

2,990

二重丸

無料

丸

2,000

丸

全店OK

二重丸

平均60台以上

セントラル

セントラル

引用元:
https://www.central.co.jp/

三角

10,085

二重丸

2,000

三角

4,000

三角

条件あり

二重丸

平均60台以上

エニタイム

エニタイム

引用元:
https://www.anytimefitness.co.jp/

丸

6,980

丸

5,000

× 丸

全店OK

三角

記載なし

カーブス

カーブス

引用元:
https://www.curves.co.jp/

丸

6,700

三角

15,000

× 三角

条件あり

三角

記載なし

ジムスタイル

ジムスタイル

引用元:
https://gymstyle.jp/

三角

6,800

二重丸

2,000

× × 三角

記載なし

ジョイフィット24

ジョイフィット24

引用元:
https://joyfit.jp/

三角

7,980

丸

5,000

× 丸

全店OK

三角

記載なし

アクトス Will_G

アクトス Will_G

引用元:
https://sc1.axtos.com/will_g/

二重丸

2,700

丸

5,000

× 丸

全店OK

三角

記載なし

スポーツ
ジム名
BeeQuick

ビークイック

引用元:
https://www.beequick.jp/

セントラル

セントラル

引用元:
https://www.central.co.jp/

エニタイム

エニタイム

引用元:
https://www.anytimefitness.co.jp/

カーブス

カーブス

引用元:
https://www.curves.co.jp/

ジムスタイル

ジムスタイル

引用元:
https://gymstyle.jp/

ジョイフィット24

ジョイフィット24

引用元:
https://joyfit.jp/

アクトス Will_G

アクトス Will_G

引用元:
https://sc1.axtos.com/will_g/

平均月額 二重丸

2,990

三角

10,085

丸

6,980

丸

6,700

三角

6,800

三角

7,980

二重丸

2,700

入会金・
手数料
二重丸

無料

二重丸

2,000

丸

5,000円

三角

15,000

二重丸

2,000

丸

5,000

丸

5,000

ビジター 丸

2,000

三角

4,000

× × × × ×
共通利用 丸

全店OK

三角

条件あり

丸

全店OK

三角

条件あり

× 丸

全店OK

丸

全店OK

マシンの数 二重丸

平均60台以上

二重丸

平均60台以上

三角

記載なし

三角

記載なし

三角

記載なし

三角

記載なし

三角

記載なし

指イメージ

コスパNo.1スポーツジム「ビークイック」

ビークイックイメージ
引用元:https://www.beequick.jp/
全日フルタイム利用可能の『ビークイック』の月会費は平均の半分以下である2,990円。
マシンの種類も数も豊富であるため、人気のマシンに発生しがちな順番待ちも少ないです。
1番人気のランニングマシン(トレッドミル)はどの店舗も30台完備(2020年7月現在)しており、ストレスなくマシントレーニングが行えます。
加えて、11カ月目まで継続手数料(5,000円)が発生しないことなどを加味するとメリットは多いです。ジム通いを続けられるか不安という初心者の方にも安心の料金システムであり、幅広いユーザー層に対して親切です。
また、新規店舗が増えてきており、 2020年8月には北海道札幌市に札幌栄町店がオープン予定。2020年9月には兵庫県三田市にイオン三田ウッディタウン店、2020年11月には大阪府泉佐野市にイオンモール日根野店がオープン予定で、「気軽に手軽に運動!」を全国展開中です。


公式サイトをCHECK!

コスパNo.2スポーツジム「アクトスWiil_G」

引用元:https://sc1.axtos.com/will_g/

月額費最安値はスポーツジムでは中堅どころの『AXTOS-アクトス-』が展開する『アクトスWill_G』。
『ビークイック』同様ショッピングモールに出店していることが特徴で、店内も150坪以上で広々としています。ユーザー層も『ビークイック』とよく似ています。
入会登録手数料5,000円が最初にかかり、11カ月以内に退会すると解約手数料が発生するのがデメリット。続けられる自信のある方にはおすすめです。
仕事終わりやお買い物ついでに行く会員が多いので、手軽に運動したいと思っていても、なかなか時間が取れないという方には合っているかもしれませんね。
フィットネスジム以外にもレンタルスタジオや、ヨガ・ピラティスなどのレッスンもあるので、幅広いメニューで身体を鍛えたい方も是非体験からスタートしてみてもよいかもしれません。


公式サイトをCHECK!

コスパNo.3スポーツジム「エニタイム」

エニタイムイメージ
引用元:https://www.anytimefitness.co.jp/

月額費平均6,980円の『エニタイム』は、低価格化が進むアメリカンスタイルのフィットネスジムとしては平均的です。しかし店舗数では他スポーツジムの追随を許さない圧倒ぶり。2020年7月現在、世界で4,500店舗・国内では500店舗を展開しています。共通利用のメリットを最も活かせるのは『エニタイム』でしょう。移動や出張が多い方にとってはコスパの高いスポーツジムです。
また、24時間営業のスポーツジムでもあるので、お仕事が忙しい社会人でも残業終わりの後に筋トレで汗を流すこともできます。


公式サイトをCHECK!

コスパNo.4スポーツジム「ジョイフィット24」

引用元:https://joyfit.jp/akajoy/

月額費平均7,980円の『ジョイフィット』は、全国展開している24時間営業のスポーツジム。
24時間営業型のスポーツジムでは国内NO.1の規模で、お仕事で忙しい方に人気です。
特に全国転勤のサラリーマンにとっては、どこのジョイフィット24でも月会費も変わらず通えるので、便利に感じている方は多いみたいですね。
また、年々、女性利用者も増加傾向。女性専用シャワーも完備されるようになりました。
時間を忘れてトレーニングを行いたいという方にとっては、ジョイフィット24はおすすめでしょう。


公式サイトをCHECK!


コスパNo.5スポーツジム「カーブス」


引用元:https://www.curves.co.jp/

女性専用のスポーツジムと言えば「カーブス」。
専用のジムは、月会費が従来のジムよりも高いイメージがありますが、カーブスは業界内でも安くコスパが良い評判があります。
女性の身体に合わせたフィットネスマシンが完備されており、理想的な女性の身体を目指すのでおすすめですね。
どちらかというと、「健康体」を目指したフィットネスジムなので、本格的なボディーメイクをしたい方にとっては物足りないと感じるかもしれません。そのような方は、セントラルのような総合スポーツジム施設で運動する方がよいでしょう。

公式サイトをCHECK!


コスパNo.6スポーツジム「ジムスタイル24」

引用元:https://gymstyle.jp/

入会金が安くて通いやすい24時間営業のスポーツジム。
どの店舗も駅前などのアクセスが良い場所に立地している場合が多く、シャワールームも完備されています。
24時間営業のスポーツジム施設では、セキュリティーも気になるところ……。
しかし、ジムスタイルは警備会社との万全なセキュリティー対策を取っており、安心して筋トレができます。

公式サイトをCHECK!

コスパNo.7スポーツジム「セントラル」

引用元:https://www.central.co.jp/

全国的な知名度を誇るセントラルスポーツ。
フィットネスだけでなく、スタジオやプールなどの施設も整っているので、総合的に鍛えたい方にはおすすめと言っていいでしょう。
レギュラー会員だと月会費が10,000円にはなりますが、環境が整っているため本格的なトレーニングをしたい方ならおすすめです。
10,000円で通い放題なので、スポーツジム中級者から上級者にとってはコスパ良く感じる方も多いはず……。
是非、まずはお近くのセントラルスポーツで体験からスタートしてみてください。

公式サイトをCHECK!

スポーツジムの「コスパ」はどうやってはかる?

【01】スポーツジムはライフスタイルに合わせて選ぶ

スポーツジムの『コスパ』は単純に利用料金・月額料金が安いだけでははかれません。
スポーツジムの会費に限らずモノの値段の価値は1人ひとり違うからです。
特にスポーツジムは継続することが最大の目標。自分のライフスタイルに合わせて選ぶのが適切です。
ライフスタイルイメージ

【02】続くか不安という方にとってスポーツジムの入会金・手数料は無視できない

たとえば女性向け健康体操教室の『カーブス』は入会金が15,000円ですが、続かずに半年で退会してしまった場合1ヵ月あたり2,500円支払った計算です。
多くの場合、入会時に入会金や会員カード発行手数料、登録料という名目で会費とは別に料金が発生します。あまり深く考えない方もいらっしゃいますが、継続できなければどんなに月会費が安くお得に感じてもかかったコストは大きいことになります。
料金はジムによってさまざまですが、続くか不安な場合は高額な入会手数料を支払うのに抵抗がある方も多いでしょう。
前述した通り1位として選んだ『ビークイック』はこういった不安を解消するために5カ月目にはじめて手数料が発生します。
筋トレが継続できない原因については、こちらの記事にまとめたので、見てみてください。

筋トレを継続するためのコツとは?
「いつも三日坊主で継続できる気がしない」 「継続できるようになるコツとかあればいいのになぁ……」 筋トレを始めてみたのはいいけど、継続できるようにな…

【03】自分にとって必要ないメリットにコストをかける必要はない

たとえば近年多くなってきた24時間型のジム。
深夜・早朝のトレーニングを望む方には必要な営業形態ですが、トレーニングは土日や平日の仕事帰りのみと考えている方にとっては必要ないメリットです。
駅前や職場近くの方が都合の良い方にとってシャワーは必須ですが、自宅近くのスポーツジムに通う方にとってシャワーの有無はさほど重要ではありません。スポーツジムの設備は料金に大きく関係しています。

『セントラルウェルネスクラブ』のように設備や施設、スタジオプログラムが充実している場合は幅広いフィットネスやリフレッシュを楽しむ方向けでしょう。ルーチンのように筋トレやフィットネスを行う方には不必要なオプションが多すぎます。
自分にとって何が必要で何か不要なのかをしっかり考えてジムを選びましょう。
トレーニングイメージ

ジムを選ぶ3つのポイント

  • コスト(入会金/手数料/月額費用などの会費)
  • メリット(営業形態/設備)
  • 立地

いずれも不都合を感じるとジム通いが続かなくなる可能性が高いです。
この中でもコストは重要です。無理なく通えるよう、自分にとって適切な価格かを見極めましょう。
フィットネスや運動はわかりやすく効果が出ます。
自分にとって居心地が良く、無理なく通えるスポーツジムが最も費用対効果が高いと言えるでしょう。

※大前提としてスポーツジム・フィットネスクラブはエリア・店舗によって料金が違う場合がほとんどです。こちらでは全国平均で比較しています。

まずは体験してみましょう

今回、今注目のコスパの良いスポーツジムについてご紹介させて頂きました!

まずは、実際に体験してみないと何もわかりません。
ご紹介したスポーツジムは体験コースもあるので、是非気軽に足を運んでみてください!

まとめ

プールやスタジオレッスンなどの環境が良い総合型スポーツジムでも、筋トレしか使わないのであれば、月会費が勿体ないですよね。
24時間運営のスポーツジムでも、仕事終わりに通い続けるのであれば、コスパ良し。
しかし、会員契約をしたけど、仕事に疲れてジムに行けていないということであれば意味がありません。

人によって自分に合うスポーツジムは十人十色。
どこのスポーツジムでも一長一短はありますが、一度体験してみることで分かることがあります。

本記事をご覧の方は、まずは来店&体験をしてみて、継続できるようなジムでボディーメイクをしていきましょう!

  • シェア
TOPへ戻る三角