アウターマッスルの鍛え方!トレーニング方法を徹底解説

アウターマッスルとは?トレーニング・ストレッチ方法について

スポーツのパフォーマンスを最大限に引き出すアウターマッスル。アウターマッスルを鍛えて、速いボールを投げたい、速く走りたいといった方は多いのではないでしょうか?

アウターマッスルを鍛えることで、筋肉が大きくなるため、見栄えもよくなります。
たくましい身体にしたいという方は、アウターマッスルを鍛えたい方も多いでしょう。

アウターマッスルを鍛えると、運動能力を向上させることができるだけでなく、外部の衝撃から骨を守る役割もあります。

今回は、アウターマッスルの鍛え方についてまとめてみたので、参考にしてみてください。

アウターマッスルとは?

アウターマッスルとは、胸の大胸筋やお尻の大殿筋などの表層部に位置する大きな筋肉のことです。早い動きや大きな力を出すために使われる筋肉と言われており、長時間動かすことができない特徴があります。

また、外部の衝撃を守る役割を担っているため、身体のどこかをぶつけても、筋肉によって身体が守られることが期待できる部位です。

アウターマッスルの種類

  • 広背筋
  • 大胸筋
  • 大殿筋
  • 腹直筋
  • 大腿四頭筋
  • 上腕二頭筋

これらの筋肉は、あらゆるスポーツで必要と言われる部位。多くのスポーツで共通するものが多いため、アウターマッスルを鍛える場合は、上記の部位を鍛えるトレーニングを始めるのもよいでしょう。

アウターマッスルとインナーマッスルの違い

アウターマッスルは、表層部に見える筋肉です。インナーマッスルは、筋肉の内側に存在する筋肉。鍛えることで、関節を支えたり、姿勢を調整したりすることができます。

身体を支えるインナーマッスルを鍛えることで、身体のバランスが保たれるため、無駄な動きがなくなります。そのため、スポーツのパフォーマンス向上のためには、アウターマッスルだけでなく、インナーマッスルも鍛えておく必要があるのです。

アウターマッスルのトレーニング方法

アウターマッスルは、基本的にマシンや器具を用いたトレーニングで鍛えることが可能です。そのため、環境が整っているスポーツジムに通えば、アウターマッスルのトレーニングは、問題無くできるでしょう。

おすすめのスポーツジムに関しては、こちらの記事にまとめているので、ぜひ、チェックしてみてください。

徹底比較!コスパが高いおすすめスポーツジムランキング。2021年最新版特集!
もくじ スポーツジム 比較表 コスパNo.1スポーツジム「ビークイック」 コスパNo.2スポーツジム「アクトスWiil_G」 …

スポーツジム初心者が手軽にはじめられるスポーツジムランキング!
ジム初心者におすすめするスポーツジムとは? スポーツジム初心者 「ジム初心者だけど、おすすめのスポーツジムってどこ?」 スポーツ…

【注意】アウターマッスルとインナーマッスルは両方とも重要

アウターマッスルだけでなく、インナーマッスルのトレーニングも重要です。

アウターマッスルのみを鍛えると、筋肉が大きくなって、身体を支えるインナーマッスルが弱いと、支えきれないからです。

インナーマッスルを鍛えることで、関節周りの筋肉が強くなるため、安定感が増します。スポーツをされている方にとっては、動きがスムーズになるため、無駄な動きが減って、投げるボールのスピードが伸びたり、短距離走のタイムが向上したりといったことに繋がります。

アウターマッスルのみだと、運動能力は向上するかもしれませんが、ケガを負う場合も。アウターマッスルだけでなく、インナーマッスルも鍛えることが重要です。

インナーマッスルの鍛え方や効果については、下記の記事にまとめたので、参考にしてみてください。

インナーマッスルの効果が出るまでの期間とは?
インナーマッスルを鍛えるとどのような効果を期待できる? スポーツ選手なら一度は聞いたことがある「インナーマッスル」。 「ケガをしないようにするため…

まとめ:アウターマッスルを鍛えてたくましい筋肉を作ろう

アウターマッスルは、あらゆるスポーツでパフォーマンスを向上させる部位。表層部の筋肉なので、トレーニングを重ねることで、たくましい身体つきになります。

アウターマッスルを鍛えるには、自宅でできるようなトレーニングでも可能。より効率的かつ効果的に筋力をつけたい方は、器具を用いたウエイトトレーニングがおすすめです。

また、アウターマッスルだけでなく、インナーマッスルも同時に鍛えることが重要です。
インナーマッスルも鍛えることで、身体のバランスを整えることができるので、無駄な動きも省くことが可能。スポーツ選手の場合、パフォーマンスの向上にも繋がります。

ぜひ、本記事を参考に、アウターマッスルを鍛えて、より良いトレーニングライフにしてください。