食前?食後?プロテインの正しい摂取タイミングを徹底解説

筋トレのお供といえば言わずと知れた「プロテイン」。ボディビルダーやスポーツ選手が愛飲しているイメージがありますが、自宅でトレーニングに励む方にとっても有用なもの。ぜひ活用して効率的にトレーニングを行いましょう!

プロテインの正しい飲み方とは?

筋力をつけたい、もっと増量したい、栄養バランスを改善したい……などなど、プロテインを飲む目的は人によってそれぞれ。実はプロテインは摂取タイミングがとても大事で、目的に応じて最適な摂取タイミングというものがあります。

筋肉量をアップさせたい場合:運動後30分以内

筋力トレーニングや運動を行った後、筋繊維はダメージを受けている状態です。このダメージを修復してさらに筋肉を増やすため、体はタンパク質を必要とします。このタイミングでプロテインを摂取することでより筋繊維の回復を早め、さらに筋肉を強くすることができます。

また、タンパク質が不足した状態が長く続くと筋肉が分解されてしまうため、それを防ぐ意味でも食後30分以内に摂取することが望ましいでしょう。

増量したい場合:食後・食間の捕食として

増量(ウエイトアップ)が目的の場合、単に食事の量を増やすと脂肪も増えてしまうケースも多いです。それを防ぐには、余分は脂肪分を取らずに総摂取カロリー量を増やせるプロテインが有効。食後にプロテインを摂取することで足りないカロリーやタンパク質を補いましょう。

また、昼食~夕食間など食事の間隔が大きく空いてしまう場合、間食として摂取するのも有効です。エネルギー切れを防いで体の回復をより早めてくれます。

栄養バランスを改善したい場合:食事の前後・就寝前に

タンパク質が不足しがちで栄養バランスを改善したいという場合は食事の前後どちらかにプロテインをとり入れましょう。食膳に飲んでしまうと食事が入らなくなるという方は食後がおすすめです。
日ごろから疲労しやすい方は就寝前の摂取も有効です。睡眠中に体を補修してくれる成長ホルモンはタンパク質から作られるため、就寝前に摂取することで身体の回復を助けてくれます。